MOS、ICE、PECK 来日公演レポート☆

皆さん、お久しぶりです。

長い間、ブログを更新しなくて、申し訳ございません。6月29日~8月8日まで日本に行って参りました☆日本にいる間はブログ更新できない環境でした。そして帰って来てからも結構忙しくて、ブログ更新が遅れてしまいました。ごめんなさいね。

今回の来日のメイン・イベントは以前ここでも紹介させていただきました大好きなICE Sarunyu&PECK PalitchokeさんとMOS Patiparnさんの来日公演でした。

6月29日~7月3日は東京で、7月4日~7月7日は母の実家である関西の方でした。今回は短い間で、ハード・スケジュールだったので、HOLIDAY関係者の皆様に挨拶しに行けなかったことをお詫びいたします。その他にも連絡できなかった皆さんにお詫びいたします。今度、来日した時は是非挨拶しに行きたいと思います。

では、MOS、ICE、PECK LIVE IN JAPANのレポートをどうぞ☆

MOSさん、ICEさん、PECKさん及びスタッフは6月29日の朝、東京に到着しました。なんと私も同じ飛行機で来日しちゃいました。(笑)写真はタイの空港でICEさんとPECKさんと取った2ショットと成田空港到着時のICEさんとPECKさんです。MOSは全然撮れませんでした。(汗)

20070717_10039725.jpg
ICEさんと2ショット@スワンナプーム空港

20070717_10039726.jpg
PECKさんと2ショット@スワンナプーム空港

20070717_10039670.jpg
ICEさん@成田空港

20070717_10039671.jpg
PECKさん@成田空港

今回のライブは両日とも写真撮影禁止のため、ライブでの写真はありません。(汗)

ライブ初日:「JOINT SMILE 日タイ友好コンサート」

20070717_10035655.jpg

MOS、ICE、PECK LIVE IN JAPANの初日のライブは「JOINT SMILE 日タイ友好コンサート」というタイトルで、日本・タイ修好120周年記念イベントとして「音楽で日タイ友好の架け橋を作ろう」をテーマに地球温暖化防止に役立っているタイの海の森マングローブ植林活動へ収益の一部寄付を目的にアース・グリーン・パワー・フィールド実行委員会、ファランクス株式会社、有限会社アナコットが行ったコンサートです。

今回のコンサートは6月30日(土)、品川ステラボールで行われました。

このコンサートに参加したアーティストはタイ代表のMOSさん、ICEさん、PECKさんと日本代表の河口恭吾でした。そして人気お笑いタレントのまえけんこと、前田健がMCとして参加しました。

コンサートは予定より遅れて、5時すぎに始りました。まず、まえけんが登場し、彼の定番ネタであるあややのモノマネを2曲も披露してくれました。そしてステージから観客の所に降りてきて、一列目の観客と手をタッチしました。私は一列目にいましたので、まえけんの手をタッチできました。実は私はお笑いが大好きなので、まえけんを生で見れて、手もタッチできて、すごくうれしかったですね。(笑)あややに本当に似ていますね。(爆笑)

その後、最初に登場したアーティストはICEさんでした。ICEさんは「こんにちは、皆さん」と元気よく日本語で挨拶しました。ICEさんは「コンマンラック (愛しているから。)」や「コンチャイガーイ (惚れやすくて)」など、全4曲歌いました。ライブ中、「僕の歌を聞いてもらえてとてもうれしいです。」など、覚えてきた日本語をがんばって語りました。すごく感動しましたね。

いつもライブで披露する定番の「コンチャイガーイ (惚れやすくて)」の振り付け講座なんですが、なんとここでも披露してくれました。しかも、日本語バージョンで!!どうもICEさんは頭しか日本語が覚えてないらしく、肩とお尻は観客に聞きましたね。(笑)すごくかわいかったですね。

ICEさんの次に登場したのはPECKさんでした。PECKさんはすごく緊張している様子でした。PECKさんは「ラック クー ラック(愛は愛。)」や「スーナイチャイ(心の中の浮気)」など、全4曲歌いました。床に貼ってある看板を読みながら、一生懸命日本語を語ってくれました。日本語で「今日は風邪をひきましたが、がんばります。」と言いましたが、相変わらず素晴らしい歌声でしたね。

そして、多数の観客がステージ前に行き、握手を求めましたが、歌い終わった後、「誰もPECKと握手したくないと思いました。誰も握手してくれなかったら、下に下りて抱きしめてあげるのに」とタイ語で言い、観客に向かって「日本語で抱きしめるはなんていうの?」って聞き、抱きしめるふりをしながら、抱きしめるというPECKさんがすごくかわいかったです。(笑)

PECKさんの次に登場したのは日本代表の河口恭吾さんでした。河口恭吾さんは大ヒット曲「さくら」や新曲の「幸福の歌 」などを披露してくれました。河口恭吾さんを生で見るのは初めてですが、「さくら」は知っていましたので、生で聞けてすごくうれしかったです。河口恭吾さんの歌声は素晴らしかったです。感動しました。

最後はMOSさんでした。MOSさんは「HELLO」や「タオニー クライ ヤイ(この辺は誰が一番偉いんだ。)」など、約5曲歌いました。MOSさん目当てで来た観客が多いようで、会場は大変な盛り上がりでしたね。MOSさんは「牛丼食べたい」と言いながら、筋肉マンのポーズをしたり、命のポーズをしたりして、すごくおもしろかったです。MOSさんは以前、日本で行われたタイ・フェティバルに出演されたことがありますので、観客が喜んでくれることをよく知っている様子でした。タイ人ですが、MOSさんのライブは初めてですが、MOSさんは盛り上げ方がすごく素晴らしかったです。さすが、10年以上を持つプロです。

最後は皆で河口恭吾さんがこのコンサートのために製作した曲「地球は兄弟」?(曲名はっきり覚えていませんので、間違っていたらごめんなさいね。(汗))を歌いました。MOSさん、ICEさん、PECKさんは歌詞を見ながら、一生懸命歌いました。すごく意味の深い素晴らしい曲でした。

最後はまえけんが全出演アーティストを地球環境についてインタービューしました。皆さん、素晴らしい答えをしましたね。

すごく素晴らしいコンサートでした。タイから飛んで行ったかいがありますね。すごく感動しました☆

ライブ2日目:「MOS、ICE、PECK LIVE N JAPAN’ 07」

20070717_10035656.jpg

MOS、ICE、PECK LIVE IN JAPANの2日目のライブは「MOS、ICE、PECK LIVE IN JAPAN’ 07」というタイトルで、MOSさん、ICEさん、PECKさんによるライブでした。観客の皆さんから是非MOSさん、ICEさん、PECKさんのライブを近距離で見たいと言うリクエストに答えて行ったそうです。

今回のライブは7月1日(日)、渋谷ギルティで行われました。

リハーサルが予定より時間がかかったため、ライブは予定より遅れて、5時すぎに始りました。最初に登場したのはICEさんでした。ICEさんは「モーンソーングバイ カップ チャイガオガオ (2つの枕とさびしい心。)」、「コン ワーング フォーム(カッコつけ)」、「ボークワー ヤー ナーラック (かわいくならないでってば)」など、全8曲を歌いました。

今回も初日と同じく、覚えてきた日本語を色々とがんばって語りましたね。観客がICEカッコいいとかカワイイとか叫ぶとそれに対し、「そんなことないです。」と言ったり、前日ちゃんと練習した日本語バージョンの「コンチャイガーイ (惚れやすくて)」の振り付け講座などを披露したりしてくれました。すごくかわいかったですね。ICEさんは日本でも、タイ語、英語、日本語をマッチングして、おもしろいMCを披露しました。ICEさんはやっぱりMCの才能がありますね。大変よくできました!!

ICEさんの次に登場したのはPECKさんでした。PECKさんは初日のような緊張している様子はなく、元気よく歌いました。PECKさんは「ルーケーカムカム(ただ遊びだけ?)」や「マイミークライルー(誰も知らない。)」など、全8曲歌いました。今回も初日と同じく、床に貼ってある看板を読みながら、一生懸命日本語を語ってくれました。日本語で「昨日は風邪をひきましたが、今日はもう元気です。」などと言っていました。いつも大人しいPECKさんがなんと「ドラえもんの歌」を披露しました。(笑)すごくかわいかったです。

最後はMOSさんが閉めました。MOSさんは「レウライ(ルーズ)」や「デュアイ ラック レ プラーテュー(愛と魚で。)」など、全8曲歌いました。MOSは盛り上がる曲ばかりを披露しましたので、会場はすごく盛り上がりましたね。私の大好きなSilly Foolsのナンバーを披露してくれましたので、私も暴れまくりました。(笑)MOSさんはMCがほとんどなく、がんがん行くって感じでした。MOSさんは素晴らしい!!

そしてICEさんとPECKさんも合流し、3人で一緒に「コンチャイガーイ (惚れやすくて)」など、2曲を歌いました。最後はサインなど、プレゼントの抽選会がありました。

最高に楽しかったです☆

この2日間のライブで一番感動したのはたくさんの日本人の方々がタイのアーティストのライブに集まってくれた光景ですね。そしてライブ会場でたくさんの方々がいつもブログ見ていますとか、声かけてくれたのがすごくうれしかったですね。私のブログをたくさんの方々が見てくれているだなあと実感して、更にやりがいが出ました。これからもブログの更新をがんばりますので、これからもよろしくお願いいたします☆