3日間連続ICE SARUNYU&Cheer Bangkok For 1st Youth Olympic Gameイベント&久しぶりのBLACKHEADライブ☆

前回の書き込みの後も色んなイベントやライブに行って参りましたので、またまとめてレポートさせていただきたいと思います☆

3日間連続ICE SARUNYU:

10月25日、26日、27日と3日連続ICE SARUNYU参加のイベントに行って参りました☆

10月25日(木)、ICE出演のCENTRAL WORLDで行われた歯磨き粉「SALZ」主催イベント「SALZ SENSITIVE」に行って参りました☆

20071104_10045826.jpg

今回のイベントは歯磨き粉「SALZ」の新商品「SALZ SENSITIVE」の発表会でした。イベントのコンセプト色が金色ということで、ICEもそれにあわせて、金色と白の衣装でした。

ICEの出演予定時間は18.00時、5時半に会社が終わってすぐ会場であるセントラル・ワールド前広場に向かいましたが、BTSスカイトレーンの駅から、会場に向かって歩いていると「ヤーレンテュア(気にしないふりしないで。)」が聴こえました。そして会場にやっと到着した時は2曲目の「コン ワーング フォーム(カッコつけ)」が丁度始まった頃でした。はい、今回もまたもや遅刻しました。(苦笑)

20071104_10045827.jpg

そして、通りかかった外国人の方が立ち止まって見ていましたが、ICEはその外人さんに自分自身をPRしました。英語で「僕アイスです。タイの超キュートな歌手です。」(笑)そして色々英語をしゃべっている間に、はっきり覚えていませんが、確か「あの~」か「本当に?」みたいな日本を言ってしまいましたね。(笑)そして僕と一緒に写真撮りませんかといい、ステージの横にある階段の上に座り、その外人の方と2ショット撮りましたが、撮る前に「終わってから、僕のCDを買ってくれますか?」と聞きましたが、外人さんはさらっと「買いません」って答えました。(^^!!)そうしたら、ICEは「じゃあ、ワンショットだけ」と。(笑)

楽しかったです☆

10月26日(金)、ランシット(Future Park Rangsitの近く)にあるCountry Place Beer HallでのICEのナイトライブに行って参りました☆

20071104_10045828.jpg

ライブは午前0時ちょっと過ぎた時に始まりました。ICEはいつもとちょっと違って、革ジャンに黒のTシャツ。ロッカーっぽい衣装で、「コンチャイガーイ(恋ナンジャナイ?)」で登場しました。今回はダンサー付きでした。

ICEは「ボークワー ヤー ナーラック (かわいくならないでってば)」、「モーンソーングバイ カップ チャイガオガオ (2つの枕とさびしい心。)」、「ヤーレンテュア(気にしないふりしないで)」など、ICEのヒット曲をいっぱい歌いました。そしてまたSILLY FOOLSの「ナムラーイ(つば)」を歌いました。今回の衣装とすごくお似合いですね。

20071104_10045829.jpg

今回、ICEは風邪を引き、のどを痛め、声がガラガラだったのです。本人はMCで今日は実は体調があまりよくなくて、うまく歌えなくって、申し訳ございませんと誤りました。それでもがんばって歌っていましたが、4~5曲目のバラード当たりから、苦しそうで、何回も水を飲みました。ライブが終わってすぐステージを去りました。それでいつもの楽しいMCはほとんどなかったです。(汗)

苦しそうで、大変そうでしたが、最後まで笑顔でがんばったICEに感動しました☆

10月27日(土)、セントラル・ワールド前広場にて行われたEFMラジオ局主催イベント「EFM ON SALE」に行って参りました。

このイベントは有名人やいろんなメディアのたくさんの出店がありまして、たくさんの人でにぎわっていました。そしてステージでのライブもICEの他にもCHIN、OAK、MAXX、PARAPON、KNES、AOF PONGSAK、DA ENDORPHIN、CALORIES BLA BLA、DA KILLER、PATSHA、AOF SUPANUT、HOT WAVE DJ軍団と超華麗なラインナップでした。

しかし、このイベントに行く前に、下記の「Cheer Bangkok For 1st Youth Olympic Game」のイベントに行きましたし、ちょっと疲れましたので、HOT WAVEのDJ軍団とICEしか見ませんでした。(汗)

HOT WAVEのDJであるPO、TEI、ONG、KNES、JOHN、PECK、JEDAIが「R u hot enough?」というアルバムをリリースしましたが、今回のイベントにはPO、TEI、ONG、PECK、JEDAIの5人だけが出演しました。「FIRE FAHRENHEIT」と「サンシャードタヤーンボーク(本能で。)」の2曲を歌いました。

20071104_10045830.jpg
PECK、JEDAI、ONG、TEI、PO

ICEは「ヤーレンテュア(気にしないふりしないで)」と「プアンサニット キットマイスー (親友を裏切る)」の2曲を歌いました。

風邪がまだ治っていなく、今回も声がガラガラのままでした。(笑)今回もMCで今日は実は体調があまりよくなくて、うまく歌えないのですが、一緒に歌ってくれますか?と言いました。2曲目にバラードは苦しそうでしたね。マイクをお客さんに向けることが多かったです。でも、会場の皆が大きな声でICEを支えた光景は感動的でしたね☆

20071104_10045831.jpg
ICE SARUNYU

Cheer Bangkok For 1st Youth Olympic Gameイベント

10月27日(土)、SIAM PARAGON前広場「PARC PARAGON」にて開催された「Cheer Bangkok For 1st Youth Olympic Game」イベントに行って参りました。

このイベントは2010年に開催される第1回目の「Youth Olympic Game」を紹介するのとタイがこの大会の開催地になれるように応援しましょうという目的で開催されたそうです。

私が会場に到着した時はFOUR-MODやFILMなど、有名人によるスポーツ大会が行われていました。

20071104_10045832.jpg
FILMとMOD

その後、バンコクの県長により、オープンセレモニーが行われ、最後はライブゲストによるライブが行われました。

AF2のPATCHAが最初に登場しました。「シャーパイ マイ トー(ねえ君、遅すぎない?)」など、2曲を歌いました。PATCHAの歌声はすごく素敵ですね。

20071104_10045833.jpg
PATCHA

その後、AF2のBOYが登場しました。「キッド マーク パイ シャイ マイ(考えすぎなんだろうか。)」など、2曲を歌いました。AF2のBOYは大人気ですので、ファンがたくさん来てまして、大変な盛り上がりでした。

20071104_10045834.jpg
BOY

その後、JKIが登場しました。「マイ ヤーク ハイ トー ミー クライ マー チープ (誰にも君を口説かせたくない。)」など、全6曲歌いました。 ダンス・ナンバーは部分的にいつもと違う振り付けで踊ったり、「メム チュー チャン ワー キッド トゥング (僕の名前を恋しいと登録して。)」のサビの部分を日本語にアレンジしたバージョンを歌ったりと、色々とちょっとアレンジしていまして、新鮮でした。

20071104_10045835.jpg
JKI

最後はTONGが登場しました。「Oh My Boy」などを歌いました。上記の「EFM ON SALE」に行くため、TONGの途中で会場を去りましたが、TONGはすごくセクシーで、素敵でした。

20071104_10045836.jpg
TONG

久しぶりのBLACKHEADライブ

10月31日(水)、トンローにあるJETというパブのハロウィーン・イベントでのBLACKHEADのナイトライブに行って参りました。

20071104_10045837.jpg

最初はナイトライブではなく、BLACKHEAD出演のセントラル・ラードパオで行われた「HALLOWEEN PARTY HORROR MASK CONTEST NO.5」というハロウィーン・イベントに行くつもりでしたが、ライブが始まったのは5時過ぎで、私は仕事が5時半までで、がんばって行ったものの、全然間に合いませんでした。(汗)

しかし、当日の夜にもBLACKHEADのナイトライブがあることが分かり、参上しました。ラッキー☆BLACKHEADのライブは約3ヶ月半ぶりですので、久しぶりに見れて、すごくうれしかったです☆

20071104_10045838.jpg

BLACKHEADのライブは午前0時頃に始まりました。ファースト・アルバムの「トン(我慢する)」で登場しました。この曲を生であまり聴く機会がないですので、聴けてうれしかったです。

私がいつも見ていた頃とセットリストがちょっと変わっていまして、なんか新鮮でしたね。そして、LINKIN PARKの「I’VE DONE」を演奏しましたが、すごくカッコよかったです。BLACKHEADのライブはやっぱり最高にカッコいいです。

・ 

ハロウィーンということで、店の雰囲気もハロウィーンにあわせて飾られ、ステージ上に私の大好きなドクロが飾ってあって、ウキウキ。(笑)すごく楽しかったハロウィーン・ナイトでした☆