Bigbangが今週バンコクにやって来ます!!

Bigbangが今週バンコクにやって来ます!!

3月28日に開催されるYamaha Present “Thep” Concertに出演します。Bigbangの他、Body SlamやPotatoなど、タイの有名なアーティストも出演します。

20120321133234090452s3.jpg

Yamaha Present “Thep” Concert

日程:2012年3月28日(水)
イベント開始時間:11.00時
場所:Central Worldの前の広場

Zen側ステージの出演スケジュール:

17.15時:Bank (元Clashのボーカリスト)
17.45時:Paradox
18.30時:Golf Pichaya(元Golf Mike) & Chin Chinawut(元G-Junior)
19.10時:Slot Machine
20.45時:Potato
21.30時:Body Slam

Isetan側ステージの出演スケジュール:

16.00時:KPNのBie、Petch、Typhoon
19.45時:Bigbang

スケージの地図:

mapinvv.png

Zen側ステージの特別ゾーンで見たい方はhttp://www.invvconcert.com/にて登録して、イベント当日、登録番号とInnovativeの腕輪と交換しなければいけません。

Isetan側ステージのVIPゾーンの当選者(全300名)は3月26日~28日の間、Central Worldにて行われるYamahaのイベントで対象商品を200バーツ購入した方を対象に一日に何回かに分けて、くじ引きで決定されるそうです。

しかし、オープン・スペースで開催される無料イベントですので、Innovativeの腕輪やVIPゾーンの入場券がなくても、誰でも参加できます。

そして、翌日(3月29日)、18.00時頃、BigbangのメンバーはIMPACT ArenaのChallenger Hall 1~3にて開催される「Bangkok International Motor Show 2012」のYamahaのブースに訪れます!!

「Bangkok International Motor Show 2012」のYamahaのブースにて対象商品を200バーツ購入した方を対象に3月29日、16.00時に行われるくじ引きで当選した方(全20名)はBigbangのメンバーから直接サイン入りCDをもらえるそうです!!

情報元:
http://www.invvconcert.com/
http://www.facebook.com/4NOLOGUE

私は3月28日のショーを見に行くつもりです。(^^)

「L’Arc~en~Ciel WORLD TOUR 2012 in Bangkok」レポート☆

larc_poster_teaser.jpg

3月7日(水)、Impact Arena (Muang Thong Thani)で行われた「L’Arc~en~Ciel WORLD TOUR 2012 in Bangkok」に行って参りました。

ライブの詳細は以下のリンクの過去のエントリーに書き込みしましたので、そちらでチェックしてくださいね。http://023.holidayblog.jp/?p=1898

日本のV系バンド(J-Rockバンド)が大好きな私にとって、ラルクはカリスマ的存在ですね。今回のラルクのワールド・ツアーがバンコクでも開催されるという情報を聞いてから、すごく楽しみでした。一時期ラルクの曲がすごく好きで、ラルクにはまり、CDをいくつか持っています。(^^)

遠い昔、運良くチケットが取れて、HYDEさんのソローとKENさんのバンド「S.O.A.P」の対バンライブには一度行ったことがありますが、ラルクのライブは全然行ったことがありません。見る機会がやって来るなんて思ったことがありませんので、バンコク公演が決定した時、すごくうれし かったです。(^^)

ラルクのメンバーは3月4日(日)にバンコクに到着しました。私は来る直前に知りましたが、ライブは7日ですので、思ったより早く来タイされて、ちょっとびっくりしました。以下のリンクでラルクのメンバーがバンコクに到着した時の写真が見られます。

http://www.pingbook.com/news/view.php?id=15635

ラルクのメンバーは1999年にプロモーションで来タイしました。今回の来タイは13年ぶりになります。タイのファンにとっては13年も待ちに待ったラルクの来タイですね。

そして、3月5日(月)、Intercontinental Bangkokホテルにて記者会見が行われました。以下のリンクで記者会見時の写真が見られます。

http://www.pingbook.com/news/view.php?id=15636

ライブ当日、3月7日(水)はタイの祝日で、会社が休みでしたので、ゆっくり会場に向かうことができました。(^^)

私の席はステージ前エリアのスタンディング(F1エリア)でした。タイではスタンディングは整理番号順ではなく、早い者勝ちですので、最初は張り切って朝から並ぼうかなあと思いましたが、ロックバンドのライブは前の方だとぎゅうぎゅうで苦しかったり、観客が激しかったりする場合が多いですので、あきらめました。(^^!!)ラルクのメンバーで一番好きなのはギターのKENさんですので、KENさん側の横側でゆっくり見ようと思いました。そして、ツアーグッズは午後2時から販売開始するという情報を聞きましたので、それに合わせて、午後2時頃に会場に到着しました。

532548450.png

ツアーグッズはパンフレットだけ買いました。昔からパンフレットを集めるのが好きで、日本のコンサートやライブに行くと、いつもパンフレットを買います。(^^)

532554932.jpg

しかし、今回は主催者側のスタッフとファンが協力し合って、並び順で整理番号を腕に書く形で整理番号順での入場でした。

ライブは予定よりちょっと遅れての20時20分頃に始まりました。メンバーが会場に登場すると会場に声援が響きました。

今回のライブのセットリストは以下の通りです。

セットリスト:
いばらの涙 / CHASE / GOOD LUCK MY WAY / MC / HONEY / DRINK IT DOWN / REVELATION / 瞳の住人 / X X X / fate / forbidden lover / Guitar Solo ~ MY HEART DRAWS A DREAM / MC / SEVENTH HEAVEN / Driver’s High / Bass Solo ~ STAY AWAY / READY STEADY GO ~ Drum Solo

アンコール:
あなた/ winter fall / Blurry Eyes / MC / 虹

私自身は全部覚えていませんので、以下のリンクからセットリストいただきました。
http://blog.livedoor.jp/joechang/archives/1528860.html

ライブ写真は以下のリンクでご覧になれます。
http://www.pingbook.com/news/view.php?id=15676

今回、ラルクの大ファンの友達と行きましたが、彼女のお勧めでメインステージの横側にあるKENさん側のミニステージの一番前にしました。メインステージの真横でしたが、一番前ですし、ステージから観客までの距離も多少ありましたので、メインステージも見やすかったですし、メンバーがミニステージに来た時はメンバーとの距離がすごく近かったです。KENさんは一回しか来ませんでしたが、TETSUYAさんは2回で、HYDEさんは4-5回も来ましたよ。そしてかなり長くいてくれるのです。キャー。まさかこんなにラルクのメンバーを近くで見れるとは。KENさんとてもカッコよかったです。(>/////<)HYDEさんは本当に美しい方ですね。(>/////<)とても感動しました。(><)すごくいいポジションでした。友達にすごく感謝しています。(^^)

しかし、ミニステージのとくっついているスタンドの観客がうらやましくてしょうがなかったですね。メンバーがすぐ目の前って感じでした。HYDEさんは一番前の列の観客の手を軽くバッチしていましたよ。うらやましい~。(><)

最初のMCではHYDEさんは「タイの皆さん、こんにちは。僕達、ラルクアンシエルです。こんにちは。長く待ちましたか?準備はいいですか?」ってタイ語でしゃべりました。Hydeさんのタイ語かわいい。(^^)

2回目のMCでは記者会見でメンバーが約束した通り、KENさんはタイ語を披露してくれました。(^^)片手にはセリフを書いたA4サイズの紙を持ち(^^!!)、もう一方の腕には紙袋をぶら下げていました。

KENさんがタイ語で話した内容は「こんにちは。昨日、僕はシンバルを買いました。タイ人とゲームしました。タニヤに行って、バーベキューを食べました。かわいい女性の方がいました。タイ人はとてもきれいです。僕は大好きです。僕はシーロムに行きました。YUKIHIROにプレゼントを買いました。気に入ってくれると思います。」でした。KENさんおもしろすぎ!!(^^)

その後、ドラムセットのところに座っているYUKIHIROさんのところ向かい、持っていた紙袋をYUKIHIROさんに渡しました。YUKIHIROさんはちょっとびっくりした様子でそれを受け取って、入っているものを出しました。シンバルと”I (ハートマーク) THAILAND BECAUSE SOMEBODY IN THAILAND LOVE ME”という文字の模様のTシャツでした。かわいいTシャツでしたよ。(^^)YUKIHIROさんはそのTシャツを体に当てながら、シンバルを叩きました。(^^)

その後、KENさんは英語で「 Next word difficult to say」と言った後にタイ語で「次の曲を聴きましょう。SEVENTH HEAVEN」と言って、次の曲に突入しました。

「SEVENTH HEAVEN」の時、色んな色のリボンが天井から舞い降りて来て、私は一つキャッチできました。なんと!!そのリボンの上に「20th L’Anniversary」という文字とラルク20周年のロゴが印刷されていました。記念に家に持って帰りましたよ。(^^)

532846828.jpg

アンコールの時、どの曲の時だったか忘れましたが、HYDEさんはホイッスルを観客に投げました。

そして、なんと!!メジャーデビュー曲「Blurry Eyes」を演奏してくれました。キャ~!!メジャーデビュー曲を生で聴けるなんて、感無量です。(>.<)

「Blurry Eyes」の途中、演奏が一旦止まり、TETSUYAさんはバナナを入れたバスケットを持ち、タイ語で「僕のバナナを食べたいですか?」と言って、観客にバナナを投げました。その間、HYDEさんは私の前にあるミニステージに座りました。(>/////<)ミニステージの横にあるスタンドの観客に向かって、バイバイしたり、私の方向に向かってバイバイしたり、かわいい~。(>/////<)

そして、曲が終わった後、HYDEさんはタイ語で「ありがとう。とても楽しい。僕はあなたを愛しています。」と言って、投げキスをしました。かわいい~。(>/////<)タイ語で「僕はあなたを愛しています。」を囁くような小さな声で何度も繰り返して言いました。とてもセクシーでしたね。(>/////<)そして、タイ語で「また会いましょう」と言って、ラスト曲「虹」に突入しました。

「虹」の時、白い羽が天井から舞い降りて来て、とてもきれいでした。

その後、HYDEさんはタイ語で「ありがとう」と言って、日本語でさりげなく「13年待ったもんね。」と言い、最後にタイ語で「また会いましょう。」と言ってステージを去りました。TETSUYAさんだけステージに残り、観客にバナナを投げました。なんと3階の客席まで投げるのに成功しましたよ。すごい!!そして、タイ語で「また会いましょう。」と言い、最後に日本で「またね。」と言ってステージを去りました。

最高に楽しかったです。あまりにも楽しかったので、今でも時々ラルクの曲を口ずさんでしまいますね。(^^)

ラルク、タイに来てくれて本当にありがとう!!またおいで~☆

「2PM Hands Up Asia Tour 2012 in Bangkok」+「記者会見」+「Karmart ファンミーディング」レポート(ジュンス・フォーカス)☆

201201111326287320ay051.jpg

「2PM Hands Up Asia Tour 2012 in Bangkok」のレポートが約3週間も遅れてしまいました。(><)

コンサートの詳細は以下のリンクの過去のエントリーに書き込みしましたので、そちらでチェックしてくださいね。http://023.holidayblog.jp/?p=1913

2PMのメンバーは2月16日(木)の夜にバンコクに到着しました。空港にお迎えしに行きました。韓国から出発したジュンスは黒のジャケットに黒のTシャツでしたので、黒の服の人を一生懸命探しましたが、ジュンスはグレーのジャージで登場。(><)それで最初は見当たりませんでした。(T^T)でも、やっと見つけて何とかジュンスの姿を見ることができました。(^^!!)

今回のツアーが開催された全ての国で開催された2PMのハイタッチ会ですが、もちろんバンコクでも開催されました。コンサートの1日前の2月17日(金)に開催されました。

バンコクでの2PMハイタッチ会「2PM Hands Up Party in Bangkok」の詳細及び参加方法は以下のリンクの過去のエントリーに書き込みしましたので、そちらでチェックしてくださいね。http://023.holidayblog.jp/?p=1929

今回の2PMハイタッチ会ですが、私は見事に外れましたよ。(T^T)くじ引き運マジないです。(T^T)

ハイタッチ会を外れた悔しさで、最初はまったく興味がなかった今回のコンサートのメインスポンサーである「KARMART」(韓国の美容関係の商品を売るお店。)のファンミーディングに賭けることにしました。

「KARMART」はメインスポンサーとして以下の3つのキャンペーンを開催しました。

「KARMART」のショップで5,500バーツをお買い上げした方は領収書のコピーを指定の宛先までメールして、今回のコンサートの記者会見の参加券と交換できる。(20枚限定)

「KARMART」のショップで8,500バーツをお買い上げした方は領収書のコピーを指定の宛先までメールして、今回のコンサートの4,000バーツ(スタンディング)のチケットと交換できる。(50枚限定)

「KARMART」のショップで一番高くお買い上げしたTop Spenderの9人が2PMとのファンミーディングに参加できる。参加希望の方は領収書のコピーを締切日時までにKARMARTのFacebookのファンページに貼り付けて勝負するという条件でした。領収書は1枚のみで、後で追加したりすることはできません。(><)

しかし、その2PMとのファンミーディングの詳細を当日までまったく教えてくれないんですよ。それで、最初はまったく興味がありませんでした。しかし、ハイタッチ会を外れた悔しさで興味を持つようになりましたね。(^^!!)そして、ファンミーディングに賭ける同じ領収書で記者会見の参加券とも交換できますので、最悪でも一般人が参加できない記者会見に参加できますので、この「KARMART」のキャンペーンに賭けることにしました。

記者会見の参加券もゲットでき、Top Spenderの方も何とか無事に最初の9人にランクインしました。買った金額はここでは言いませんが、かなり高額でしたよ。(><)それでも6位でした。あぶな~い。(><)

記者会見もファンミーディングも事前に詳細を教えてもらえず、2月17日、12.00時にIMPACT ARENAで記者会見とファンミーディングの参加券を取りに来るようにしか教えてくれなかったのです。(><)

そしたら、記者会見もファンミーディングも2月17日(金)、ハイタッチ会の前でした。しかも、9人って言ってたのに人数増えていましたし。(-*-)まあ、一部はKARMARTの販売代理人ですけどね。そして、ファンミーディングの内容はメンバーとグループ写真でした。日本じゃ考えられないですよね。(- -!!)こういうのはタイランドオンリーです。(><)

ハイタッチを外れるまで、こっちのファンミーティングに賭ける勇気がなかったのはもしかしてグループでメンバーと写真撮るだけじゃないかなあと思ったからです。やっぱり予想通りでしたね。(><)同じような韓国アーティストとのグループ写真で、メンバーと一切しゃべったり、握手したりすることができない事例がいっぱいありましたので、内容を聞いた時、ちょっとがっかりして、とても不安でしたね。(T^T)

まずは記者会見からで、午後3時ごろに始まりました。記者会見の会場は思ったよりスペースが狭く、「KARMART」の記者会見の参加券を持つ人は関係者の後ろの席で5列目からでしたよ!!私は6列目に座りました。そして、私達の後ろが記者達でした。思ったより、メンバーとの距離が近かったので、とてもうれしかったです。セレブ気分でした。(^^)最初は記者以外は写真撮影禁止でしたが、しばらくするとカメラでの撮影はOKでしたが、携帯での撮影はだめでした。不思議ですよね。(^^!!)私はカメラを持っていましたので、記者会見時のメンバーの写真を撮ることができました。(^^)自分で2PMのメンバーの写真を撮るのは久しぶりです

2pm1.jpg

拡大写真:http://twitpic.com/8mi3wp/full

chan.jpg

拡大写真:http://twitpic.com/8l5kph/full

chan2.jpg

拡大写真:http://twitpic.com/8l63ku/full

チャンソン

f-copy.jpg

拡大写真:http://twitpic.com/8l5fvi/full

ho2.jpg

拡大写真:http://twitpic.com/8l5zcl/full

ジュノ

woo2.jpg

拡大写真:http://twitpic.com/8l5×11/full

p1020041.jpg

拡大写真:http://twitpic.com/8l5b66/full

ウヨン

taec.jpg

拡大写真:http://twitpic.com/8l5ibb/full

taec2.jpg

拡大写真:http://twitpic.com/8l612k/full

テギョン

khun.jpg

拡大写真:http://twitpic.com/8l5nf7/full

khun3.jpg

拡大写真:http://twitpic.com/8mgmo2/full

ニックン

junsu2.jpg

拡大写真:http://twitpic.com/8l6cc8/full

junsu1.jpg

拡大写真:http://twitpic.com/8l5pqq/full

ジュンス

ジュンスのカメラ目線の写真をゲットしました。キャ~!!(>/////<)

写真はこの他にもあります。今回の記者会見の写真のFacebookアルバムを公開しましたので、誰でもアクセスできるようになっているかと思いますので、興味のある方は以下のリンクにアクセスしてくださいね。

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.10150823055419498.499936.737634497&type=3&l=3febe01a23

もし、アクセスできなかった場合、私のTwitpicのアカウントにも全写真をアップしましたので、以下のリンクにアクセスして、今だと過去の3ページ当たりから遡っていただくと、全写真が見れます。(^^)

http://twitpic.com/photos/Jujang_J

記者会見はかなり短かく、10分ぐらいだったと思います。それもあって、主にジュンスを撮りましたので、他のメンバーの写真は少ないのですが・・・・・(^^!!)ついついジュンスばかりを撮ってしまいました。ごめんなさい。(><)

記者会見の会場で、私は愛用の電光ボードを自分の膝の上に置いていましたが、ジュンスが記者会見のステージ上に座ってからしばらくすると、ジュンスはこっちを見ているような気がしましたので、勇気を出して、手を振ったら、ジュンスはニコニコして、頷いてくれましたよ!!キャ~。(>/////<)とてもうれしかったですね。(^^)

記者会見でメンバーが語った内容はタイでコンサートをできてうれしい、たくさんの人に見に来てほしいです(チャンソン)、ニックンの国なので、とてもタイに来たかったです、コンサートではサプライズがあります。(ジュノ)、タイには何回も訪れましたが、一番感動したのはゲリラ・コンサート、思ったよりファンの方々がたくさん来てくれて、とても感動しました(ジュンス)、コンサートからの一部の利益はタイの赤十字社に寄付します。(ニックン)という感じの内容でした。

記者会見が終わった後、約1時間ぐらい待った後、10人ずつのグループに別けられて、メンバーがいる部屋へ案内されました。私は最初のグループでした。

まじめなプレゼントを用意する時間がありませんでしたので、手紙とずっと前から買って置いたちょっとした物を用意して行きましたが、メンバーに直接渡せなく、部屋の前のカードマンに預けるように言われました。(><)ちゃんとジュンスの手に届いたのかな?(><)

その部屋に入って行ったら、メンバー6人が並んで立っていて、私達のことを最初に気づいたニックンはタイ語で「サワッディークラップ(こんにちは)」と言いながらワーイ(合掌)すると、他のメンバーもワーイ(合掌)しました。私はジュンスのところに向かいながら、ワーイ(合掌)して、タイ語で「サワッディーカ(こんにちは)」と言いました。まだジュンスと一言もしゃべっていないのに、通訳の方に「まずは写真撮りましょう」って言われましたので、カメラの方に向きましたら、ジュンスは私の肩に手を・・・・・(>/////<)背中も温かく感じました。(>/////<)カメラマンが何ショットか撮った後、「KARMART」のスタッフ2名が合流しました。そのうちの一人は私の前に来て、私が隠れてしまったようで、カメラマンさんは私のところに来て、位置をセットし直してくれました。それで私は言われた通りに動きましたが、その間も、ジュンスは私の肩から手を離しませんでした。(>/////<)ジュンス優しすぎます。(T^T)

写真撮影が終わった後、勇気を出して、ジュンスに英語で「ハグしてもいいですか?」って言ったら、ジュンスは頷いてくれました。(>/////<)ジュンスありがとう!!(T^T)その後、ちょっとぼけっとしていましたので、確か手を差し出したら、ジュンスは握手してくれたかと思いますが、うろ覚えです。(><)そして、そろそろカードマンさんが入って来ましたので、ジュンスの顔を見て、「See You」 ~って言ってバイバイしたら、ジュンスはニコッと笑ってくれました。かわいい~。(>/////<)

結局は他のメンバーとは握手さえもできませんでしたし、とても短い間でしたが、とても幸せでした。(^^)

そして、数日後、「KARMART」のスタッフが送信してくれたグルーグ写真の画像ファイルを見て、このキャンペーンに参加してよかったと思いました。感動しました。(T^T)送られてきた写真は以下の2枚になります。

2pm-248_1.jpg

2pm-243_1.jpg

拡大写真:http://twitpic.com/8mp43o/full

写真を見て、初めて知ったのですが、メンバーの中で両側に立つ自分のファンの肩に手を置いたりしてくれたのはジュンスだけなんです。ジュンスの優しさに乾杯です。(T^T)

そして、私とジュンスだけをカットしてみたら、まるでジュンスと2ショット撮ったみたいで、夢のようです。(T^T)

jujang_junsu_cut.jpg

ジュンスにとても感謝しています。ジュンス、優しくしてくれて本当にありがとう~!!(>/////<)

その後、がんばってハイタッチの会場に向かいましたが、あるファンの方の車で向かいましたが、道を間違ってしまって、大渋滞にはまってしまい、間に合いませんでした。残念。(><)

2月18日(土)、コンサート当日、朝6時半頃、会場に着きました。ファン仲間は夜中からがんばって列を並び、私の分も取って置いてくれましたので、皆さんに申し訳ないので、自分もがんばって朝早くから行きました。タイではスタンディングは整理番号順ではなく、早い者勝ちですので、いい場所を取るために皆さん、すごく張り切って、夜中から列を並んだのです。皆さんすごすぎます。(><)でも、ファン仲間と会話したりして、交代で散歩したり、食事を取ったり、トイレに行ったりすることができましたので、退屈なく、苦しくなく、開場時間までは楽しく過ごしました。(^^)

入場する時のチェックがかなり厳しくて、愛用の電光ボードは大きすぎると言われて、持って入れませんでした。(><)でも、念のために小さいのも作って持って行きましたので、今回は以下の画像の小さい方の電光ボードとパンダの帽子をかぶってジュンスを応援しました。(^^)

518883341.jpg

私はAL側でしたが、AR側のニックンファンの妹の電光ボードも私と同じぐらいのサイズですが、何も言われずに持って入れたそうです。なんでやねん。(-*-)

スタンディングのスペースはぎゅうぎゅうな感じではなく、結構余裕がありましたので、ライブ中は結局、ジュンスを追いかけて、動き回りました。(^^!!)

セットリストとショーは他の国の「2PM Hands Up Asia Tour 2012」と同じですので、詳しくは書かないのですが、おもしろかったり、感動したりしたエピソードだけを書きますね。

「Hands Up」の時、第1のタイHottest(2PMのファンのこと)のプロジェクトとして、観客は白い手袋を履いて、メンバーと一緒にHands Upしました。(^^)

MCでの自己紹介ではメンバー全員タイ語で自己紹介しました。(^^)

「I can’t」の時、曲が始まる前、観客がサビの部分を歌う声が会場に響きました。そして、曲が演奏されている最中、第2のタイHottestのプロジェクトとして、観客はブルーのペンライトを持ちました。

テギョンとニックンの「My Valentine」の時、第3のタイHottestのプロジェクトとして、観客は「My Valentine ♥」と印刷されたA4紙をファンが持ちました。テギョンはある観客からその紙を取って、最初は口にくわえて、しばらくすると、歩きながら、紙飛行機を折って、会場に投げましたが、あまり飛ばなく、ステージの上に落ちました。(^^!!)歩きながら、がんばって紙飛行機を折ろうとするテギョンがとてもかわいかったですね。(^^)

MCの時、テギョンは上記の全てのプロジェクトについて語りました。全部気づいてくれたんですね。うれしいです。(^^)

チャンソンのソロショーのフェンシングのパフォーマンスはカッコよくて、韓国で見た時すごく感動して、大好きなんです。また見れてうれしいです。チャンソンカッコいい!!(><)

そして、なんと!!今回の「2PM Hands Up Asia Tour 2012 」ではタイでしかないスペシャル・ショーがありましたよ!!ニックンがタイのスーパースター、Bird Thongchaiさんの名曲「ラオスーカンファン(聞かせて)」を歌いました。記者会見でメンバーが言ってたサプライズとはこれだったんですね。ニックンが歌い終わった後、感動のあまり、涙が出てしまいました。(T^T)この曲の歌詞は遠く離れている人を心配する気持ちを表している曲で、きっと家族と遠く離れて暮らしているニックンの気持ちにぴったりな曲でしょうね。

歌い終わった後、ニックンは「本当は今回のコンサートで歌う予定ではなかったんですが、歌いたくて我慢できなかったんです。韓国での出来事を全てタイのファンに聞かせたいのですが、全てを聞かせる時間と機会がないので、その代わりにこの曲を届けることにしました。タイはクンの母国だから、仕方ないですね。クンがこの曲を歌ったことを他の国のファンに教えないでね。冗談です。他の国のファンはここはタイだからだと理解してくれるはずです。」と言いました。それを聞いて、私はさらに泣きました。感動☆

Jeonggam’s Storyの映像の字幕はちゃんとタイ語になっていました。これやっとこの映像の意味が全て理解できました。(^^)

ジュンスの「ALIVE」の時、タイでしかないエピソードがありました。歌い終わった後、ジュンスは「I wanna thank my daddy, I miss my daddy, I’m Alive y’all」と言葉を残して、ステージを去りました。ジュンスのお父さんはこのコンサートの1ヶ月前に亡くなったばかりなのです。ジュンス・・・・・(T^T)

MCでニックンがチャンソンが「剣」をがんばって学んできたことをタイ語で言おうとしましたが、タイ語を間違えて、「ダープ(剣)」ではなく「ミード(ナイフ)」って言ってしまったのです。(^^!!)自分が間違ってしまったことに気づいたニックンはそれをチャンソンに説明した様子で、二人は大笑いしていました。その後、ニックンは観客に向かって、「何でしたっけ?」って聞いて、観客は「ダープ(剣)」ってニックンに教えました。(^^)海外に長く住むと、あまり使わない言葉だと忘れちゃいますよね。分かる分かる。(^^)

「Only You」の時、他の国と同じく、メンバーはバラを観客に配りました。1回、ジュンスはせっかく私の方向に投げましたが、取れませんでした。(T^T)でも、ジュンスがステージ前で最後に投げたのをゲットしたチャンソンファンがそれを私にくれました。何て優しい方なんでしょう。(T^T)

519972976.jpg

メンバーがステージを去った後、「2PM ♥ Kon Thai(2PM ♥ タイ人)」プロジェクトの活動の模様の映像が上映されました。ニックンとニックンのお母さんがタイの2PMのファンサイトと協力し合い、洪水の被害者への募金を集めるために実施されたプロジェクトです。このプロジェクトの詳細は以下のリンクの過去のエントリーに書き込みしましたので、そちらでチェックしてくださいね。http://023.holidayblog.jp/?p=1861

そして最後の曲、「Thank You」は最後のタイHottestのプロジェクトとして、観客は金色のリボンを振りました。メンバーは感動してくれた様子でした。(^^)

最高に楽しかったです☆

2PMのメンバーは2月19日(日)の夜に韓国へ帰国しました。いつもの1番の入り口で待っていましたが、今回はなぜか5番入り口でメンバーが入ることになり、5番入り口に辿り着いた頃にはもう人がいっぱいでいい場所が取れませんでした。(><)でも、何とかメンバーが入って来るのに間に合い、ジュンスの姿を見れました。

2月17日と18日はすごく思い出深い2日間でした☆

「Eversense 2PM Come Closer」レポート(ジュンス・フォーカス)☆

p1010347.jpg

2012年2月3日(金)、Siam Garagon内にあるSiam Pavalai Royal Grand Theatreにて行われた「Eversense 2PM Come Closer 」のイベントに行って参りました☆ジュンスとは約5ヶ月ぶりの再会になります。^^

忙しくて、レポートが約1ヶ月も遅くなってしまいました。><

イベントの詳細は以下のリンクの過去のエントリーに書き込みしましたので、そちらでチェックしてくださいね。http://023.holidayblog.jp/?p=1923

私自身は見事に参加権利外れましたよ。(T^T)最初はオークションの形で1000バーツの参加権利を譲る方がいて、見事にすごい高額で落札しました。(汗)でも、結局は譲ってくれなくて・・・・・(涙)でも、お蔭様で2PMファン仲間が用事ができて、イベントに行けなくなった人と知ってて、その方の500バーツの参加権利をいただきました。最初は500バーツの参加権利を1,000バーツで譲る話でしたが、私はそのファンの方の知り合いで、他人ではないことを知ると、無料で譲ってくれました。結局は普通に500バーツ分のEversenseの商品を買うだけでイベントに参加することができました。ラッキー☆

500バーツの一番前の列をゲットするために朝4時に指定場所に行きましたら、見事に500バーツの席を選ぶ整理番号の1番をゲットしましたよ。それで希望の通り、見事に500バーツの一番前の列をゲットしました。^^

2PMは2月1日(水)の午後にバンコクに到着しました。仕事で空港にお迎えしに行けなかったです。(T^T)

最近、2PMがその時泊まったホテルは厳しくなって、ファンの人をホテルに入れてくれないという話を聞きましたが、空港に行けなかったので、ちょっとでも姿見れたらと思い、仕事後、とにかくホテルに行ってみました。何とか無事にホテルに入ることができ、ロビーで友達と3人で大人しく待っていましたら、ジュンスがロビーに現れましたよ!!><距離がありましたので、最初はあれ?それってジュンス?ってちょっと自信なかったのですが、やっぱりそうでした。カードマン付いていましたし。ジュンスが目の前に突然現れてくれたのは本当に奇跡的でした。もちろん、声かけたりせず、静かに見つめていましたよ。ジュンスやっぱり元気なさそうでした。(T^T)まあ、お父さんが亡くなられてまだ2週間しか経ってないですからね。ジュンスかわいそう。(T^T)本当はジュンスにもうちょっとゆっくりしてほしかったですね。今回まだタイに来なくていいのにと思いましたよ。(T^T)その日、ウヨン、ジュノ、テギョンは焼肉屋に行ったそうです。ニックンは家族と出かけたそうです。ジュンスとチャンソンはホテルに残ったそうです。

翌日の2月2日(木)は夕方まで某スタジオにてEversenseの新CM撮影でした。撮影後、ニックン、ウヨン、ジュノ、テギョンは某レストランで食事をしに行ったそうです。ジュンスとチャンソンは直ホテルに戻ったそうです。

イベント当日(2月3日(金))、半日、会社を休み、イベントに参加しました。(^^!!)

EversenseのFacebookのファンページにはカメラ禁止って発表されましたので、2階の300バーツの席にいる妹にカメラを預かったのですが、2PMが登場する前、司会者は写真撮影OKって言いました。なんやねん。(-*-)以下は妹が2階席からがんばって撮ってくれた写真になります。

p1010352.jpg

チャンソン

p1010361.jpg

ジュノ

p1010423.jpg

ウヨン

p1010375.jpg

テギョン

p1010440.jpg

ニックン

p1010411.jpg

ジュンス

イベントが始まる前は記者のみの記者会見が開催されたそうです。イベントは夕方5時ごろに始まりました。まずは2PMのインタービューから始まりました。

ジュンスやっぱり元気なかったです。(T^T)普段、明るくて、ずっとニコニコ笑うジュンスは今回のイベントではあまり笑わないし、ぼうっとしている感じで、時々、自分の世界に入ってちゃう感じでしたね。(><)それと反対にいつもぼうっとしている感じのチャンソンはすごくテンション高かったです。チャンソンのファンの皆さん、怒らないでくださいね。(^^!!)

インタービュー中、テギョンはCMの内容をばらそうとしましたが、スタッフから止められましたので、通訳は翻訳しなかったです。さすが、Spoilerと言われているテギョンですね。^^

今回のCMのEversenseの商品はクールパウダーですが、そのクールパウダーのクールさをタイ語で披露してくださいと司会者に言われて、メンバーは一生懸命しゃべってくれました。ウヨンはちょっと発音を間違って、かわいかったですね。(^^)テギョンだけはまったく関係ない「ラック・ホットテスト・タイ・ マークマーク(タイのホットテストをとても愛しています。)」としゃべりました。それに対し、ニックンはあきれた感じで、タイ語で「全然関係ないじゃん」って突っ込みました。(^^)でも、テギョンはさらに「キッテュン・マークマーク(とても恋しい)」と言いました。テギョンもすごくテンション高かったですね。(^^)

そして、タイでの単独コンサートのことを話した時、ジュンスは「2月18日、2PMはタイで単独コンサートを行いますが、タイに来るのが遅くなってごめんなさい。タイは2PMの第2の家みたいで、そしてニックンの母国でもありますので、他の国と違うことを用意します。今準備していますが、何かはまだ言えません。コンサートでのお楽しみです。」と言ってくれました。(T^T)タイのことを第2の家と思ってくれているんですね。とてもうれしいです。(T^T)

バレンタイン・デーのファンへのメッセージを言ってくださいと言われた時、ジュンスは皆さんが絶対キャーキャーする言葉を言いますと宣伝して、「2PMは皆さんのチョコレートです。皆さんの愛がとても熱いので、溶けてしまうからです。」と甘~い言葉を言い、会場はキャーキャー叫ぶ声が響きましたが、隣にいたチャンソンは吐きそうな仕草をしましたね。(^^!!)

その後、ファンとのゲームコーナーでした。今回の2PMとのゲームコーナーに参加した12人の方はTop Spenderの方々です。ルールは7-11でEversenseの商品を買った領収書をEversenseのFacebookのファンページに貼り付けて、指定時間まで何枚貼り付けてもOKで、合計金額が一番高い12人が当選者という形でした。私も最初は参加しようかなあと思いましたが、ジュンスはお父さんの件で元気ないだろうなあと思い、参加するのをやめました。(><)

ゲームコーナーでは2PMのメンバーは2組に別れました。チャンソン、ジュノ、ジュンスのチームとニックン、ウヨン、テギョンのチームでした。

ゲーム・コーナーでも思った通り、ジュンスはいつもと違って、あまりはしゃぎませんでしたね。(><)

最初のゲームはロウソク消しゲームでした。当選者のファンはそれぞれのチームに3人ずつ参加しました。チームのメンバーは指定された距離から息でロウソクを吹いて、より多くロウソクを消すことができたチームの方が勝ちというルールでした。

このゲームに優勝したのはチャンソン、ジュノ、ジュンスのチームでした。優勝したと発表された後、チャンソンは「実はジュンスは2回吹いたと白状しましたが、司会者さんは僕達のチームが勝ったって言ってくれましたので、僕達の勝ちってことで。」と言いました。(^^!!)そういうところはジュンスはいつもと変わらなかったです。(^^!!)

勝ったチームのファンの方々は自分のチームのメンバーからEversenseのセットをもらいました。

2つ目のゲームは風船割りゲームでした。先のゲームと別の当選者のファンがそれぞれのチームに3人ずつ参加しました。チームのメンバーは一回ずつ、ダーツで風船を割るゲームでした。水色の風船は1個2点で、ピンクの風船は1個1点という設定で、ロウソクを割った点数をより多くゲットしたチームの方が勝ちというルールでした。

ニックン、ウヨン、テギョンのチームメンバーのファンの方が投げる時、隣にニックンが一生懸命に応援していましたが、司会者がこれは誰のために投げますか?と聞くと、彼女はテギョンと即答えました。ひど~い!!(><)ニックンはすねった振りをして、そこから離れ、ステージの真ん中に床に座り込みました。その時のニックンは子供みたいで、すごくかわいかったですけどね。(^^)

チャンソン、ジュノ、ジュンスのチームの最後にダーツを投げたのはジュノでしたが、自信たっぷりのポーズをしたジュノでしたが、見事に外れたジュノの反応がすごくおもしろかったです。(^^)

勝ったチームのファンの方々は自分のチームのメンバーからサイン入りに「Hands Up」のCDをもらいました。

このゲームに優勝したのはニックン、ウヨン、テギョンのチームでしたが、司会者が間違って、チャンソン、ジュノ、ジュンスのチームと発表してしまいました。その時、ニックンは即タイ語でずる~いと司会者を突っ込みました。かわいい。(^^)

その後、メンバーによる抽選で20人の当選者がステージ上でメンバーからサイン入りポスターをもらうコーナーでしたが、知っているファンの方の何人かが当選しました。うらやましい~(><)くじ引き運マジないです。(T^T)

最後はファンへのメッセージを言って、2PMはステージから去りました。

ジュンスに久しぶりに会えたのはうれしかったんですが、元気ないジュンスを見ていると胸が痛かったですね。(T^T)

その日の夜に2PMは韓国へ帰国しました。もちろん空港に行って、見送りをしましたよ。空港ではジュンス、思いっきり笑いました。とても素敵な笑顔でした。イベントでも見せてくれなかった笑顔でした。ジュンスの笑顔を目の前にした私はうれしくて、号泣しましたよ。(T^T)

ジュンスがタイを去る前にジュンスの素敵な笑顔を見れて、とてもうれしかったです☆

2012 KOREAN MUSIC WAVE IN BANGKOK☆

お久しぶりです☆

ここ1ヶ月間、忙しくてブログを放置してしまいました。(汗)やっと落ち着きました。

今回は来月バンコクで行われる韓流スター大集結のビッグイベントを紹介いたします。

2012 KOREAN MUSIC WAVE IN BANGKOK

poster_kmwb_2012.jpg

日程:2012年4月7日(土)
会場:Rajamangala Stadium, Huamark
時間:17.00時

出演アーティスト&MC:

artist_kmwb_2012.jpg

チケット代:
スタンディング:2,000 バーツ (紫)
指定席:6,000 (赤)/ 4,500(ピンク)/ 2,500(ブルー)/ 1,500(緑)/ 1,000(黄色)/ 700バーツ(グレー)

座席表:

seating_kmwb_2012.gif

座席表(拡大): http://yfrog.com/z/oeupmkdj

チケットは2012年2月25日(土)からThai Ticket Majorにて一般発売されました。(オンライン購入可能)

Thai Ticket Major(2012 KOREAN MUSIC WAVE IN BANGKOK英語ページ):
http://www.thaiticketmajor.com/concert/concert-detail.php?sid=1174&la=en

チケットはまだ全額残っています。

この度、紹介が大変遅くなってしまい、本当に申し訳ありませんでした。

2PMがまたバンコクにやって来ます!!また大好きなジュンスに会えます。とてもうれしくて、とても楽しみです。^^